So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがとう [日記]

祖母が97歳で旅立ちました。

入院は長かったけれど、
そのほとんどの日々は穏やかなものでした。
最後、熱が出てしんどそうな時も看護師さんたちに「おおきに。」と伝えることを忘れなかった。

私は、大人になってからは年に何度も会わない不孝者でしたが、
最後の一年ちょっと、私の近くの病院にいてくれて、
本当に良い時間を過ごせたことに感謝です。

亡くなった日、祖母の家に集まった私たちを驚かせたのは、
祖母の大事なものが入った箱にあった、4人の子ども達の「臍の緒」。

長女であるわたしの母は、戦争が始まった2日後に、
教員をしていた祖父の赴任先の台湾で産まれています。

母の臍の緒に添えられていた小さな名札は、
当時の住所やお産婆さんの住所氏名までカラー印刷された美しいものでした。
そして帰国後に産まれた末の叔父の母子手帳も・・・。

戦争中も、そして終戦後、3人目を身ごもった体で船で帰国したときも。
そのあと、長い療養生活で家族みんなが離れて暮らしていたときも。

薬の包みほどの小さな4つのそれを、
大切に大切に持っていたのだと思うと、言葉になりませんでした。

私が知っているのは、働き者で、明るくて負けず嫌いでチャーミングなおばあちゃん。
苦労したという話も本人からは聞いたことがなかった。

おばあちゃん、見事な幕引きでした。

ほんとうにありがとう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。